ビタミンc化粧水ならビタミンc誘導体のものを♪

同じビタミンcでも全然違う

カタツムリのみかん 最近よく見かけるビタミンc化粧水
ビタミンc化粧水はドラッグストアなどでもたくさんの種類があり、目にしたことがある人もいると思います。

そんなビタミンc化粧水の中で今もっとも注目を浴びているのが、ビタミンc誘導体配合のビタミンc化粧水。ビタミンcは美容や健康には欠かせない成分ですよね。

ビタミンcを体に取り入れる方法は様々ありますが、ビタミンc化粧水などの肌から吸収するものにおいては、ビタミンc誘導体という成分が最も有効なのをご存じでしょうか。
ビタミンcとビタミンc誘導体はどう違うのかというと、ビタミンc誘導体は肌の奥底に浸透した時点で酵素によりビタミンcと変化します。つまりビタミンcの前駆体であり、酵素の存在で初めて効果を発揮する成分なのです。

わざわざ肌の奥でビタミンcに変化させるような回りくどいことをしなければならないのかというと、それはビタミンcに問題点があるためです。

ビタミンcだけを配合したビタミンc化粧水を肌につけた場合、肌に吸収しにくいという最大のデメリットがあるのです。ビタミンc単体だと吸収率が悪く、また酸化しやすい成分なので、せっかくの良い成分もなかなか肌に発揮させることができません。

そこで、そんなビタミンc化粧水の欠点を改善するために開発されたのが、ビタミンc誘導体なのです。酸化しにくく、なおかつ肌の奥底まで浸透し、浸透した時点でビタミンcへと変化し効果を発揮してくれるといった最強の成分なのです。

ビタミンc誘導体の種類とメリット


ビタミンc化粧水に配合されるビタミンc誘導体は、分解されることなく肌へ浸透した後、肌の細胞内の酵素によって徐々にビタミンcへと変化する優れものです。
このような性質をもたせるビタミンc誘導体は、3種類に分けることができます。

水溶性ビタミンc誘導体


皮膚科でも多く使用されている水溶性ビタミンc誘導体。
リン酸アスコルビン酸3Na、リン酸アスコルビルMg、リン酸アスコルビルNaなどのリン酸型ビタミンc誘導体があります。

化粧水やクリーム、ジェルなどに配合されていることが多いです。
水溶性ビタミンc誘導体にはリン酸型、硫酸型、グルコシド型がありますが、ビタミンc誘導体のようにビタミンcに変換されるものはリン酸型のみです。

油溶性ビタミンc誘導体


油溶性にはパルミチン酸型、ステアリン酸型、ジパルミチン酸型、イソパルミチン酸型などがあります。この中でもイソパルミチン酸型ビタミンc誘導体は、肌への浸透力も高く安定性もあり、実際の使用感もよく、皮膚科では使用率が高くなりました。一般的にはジェルやクリーム状のものに配合されていることが多いようです。

両親媒性ビタミンc誘導体(APPS)


今注目されているAPPS(パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na)。
両親媒性とは、水溶性と油溶性の良いところも持ち備えた成分で、APPSは肌への効果を最大限に向上させたビタミンc誘導体なのです。

最近このAPPS配合のビタミンc化粧水が話題になっているのには、ちゃんとした理由もあるのです。APPSが配合されていることで、しわやシミ、さらにはニキビ改善にも期待され、女性の肌にとっては良いこと尽くめ!なので、美肌を目指す女性にはAPPS配合のビタミンc化粧水が人気なのです。

APPS配合のビタミンc化粧水にはコラーゲン生成補助の役割もあり、メラニン生成にもアプローチしてくれ、美白効果においては他にはないほどの結果が期待できるのです。

ビタミンc誘導体のAPPSを配合したビタミンc化粧水で美くしい肌を目指してみませんか?
女性には嬉しいことだらけのビタミンc誘導体です♪

化粧水も大事ですが、普段の食生活というのも気を付けたいところです。
お肌に良い食べ物もしっかりチェックしておきましょうね♪